> >

TVアニメ【はねバド!】の全話あらすじ+感想【全3話更新】

    北小町高校バドミントン部の主将・荒垣なぎさは、昨年の全日本ジュニアで、とある少女に1ポイントも取れず惨敗した。それ以来スランプに陥り、自分や他の部員たちに厳しく当たる日々を送ってきたなぎさ。「アタシたちは天才じゃないんだから、努力するしかない…」半年後。そんななぎさの前に、ひとりの新入生が現れる……
    綾乃の存在に焦るなぎさ。親友の理子、後輩の悠らチームメイトの心配をよそに、以前にも増してがむしゃらに努力を重ねるが、スランプからは脱せず、日に日に苛立ちを募らせる。「才能のない人間は……才能のある人間の引き立て役でしかないのかよ!」そんななぎさを見て、新任のコーチ・立花は、ある行動に打って出る……
    徐々にバド部に馴染み始める綾乃を、複雑な面持ちで見つめている幼馴染のエレナ。一方なぎさは、全日本ジュニアの時とは別人のような綾乃に違和感を抱いていた。そんななか、綾乃の前に、港南高校の1年生エース・芹ヶ谷薫子が現れる。薫子を前に動揺を隠せない綾乃。どうやら、二人の間には何か因縁があるようで……

カテゴリー: はねバド! アニメ全話感想

おすすめ記事