> >

TVアニメ【はねバド!】の全話あらすじ+感想【全10話更新】

    北小町高校バドミントン部の主将・荒垣なぎさは、昨年の全日本ジュニアで、とある少女に1ポイントも取れず惨敗した。それ以来スランプに陥り、自分や他の部員たちに厳しく当たる日々を送ってきたなぎさ。「アタシたちは天才じゃないんだから、努力するしかない…」半年後。そんななぎさの前に、ひとりの新入生が現れる……
    綾乃の存在に焦るなぎさ。親友の理子、後輩の悠らチームメイトの心配をよそに、以前にも増してがむしゃらに努力を重ねるが、スランプからは脱せず、日に日に苛立ちを募らせる。「才能のない人間は……才能のある人間の引き立て役でしかないのかよ!」そんななぎさを見て、新任のコーチ・立花は、ある行動に打って出る……
    徐々にバド部に馴染み始める綾乃を、複雑な面持ちで見つめている幼馴染のエレナ。一方なぎさは、全日本ジュニアの時とは別人のような綾乃に違和感を抱いていた。そんななか、綾乃の前に、港南高校の1年生エース・芹ヶ谷薫子が現れる。薫子を前に動揺を隠せない綾乃。どうやら、二人の間には何か因縁があるようで……
    デンマーク代表でもあるコニーが、桁外れな強さで綾乃&理子ペアを圧倒。フレ女の面々は個人プレーに走るコニーに憤るが、主将の志波姫だけは静かに試合の行く末を見つめている。一方、北小町サイドでは、コニーの意味深な言葉に動揺した綾乃がパニックに陥っていた。そんな綾乃を見かねた理子がかけた言葉は……。
    インターハイ予選が迫り、練習に熱が入る北小町高校バド部。なかでもひときわ気合が入っている理子は、なぎさに熱い思いを語る。「全国目指して頑張る!だって、最後の夏なんだもん!」そんなある日、予選の対戦表を見ながら盛り上がる部員たちのなかで、理子はひとり浮かない表情を浮かべていた。
    インターハイ予選3回戦。綾乃の対戦相手は、中学時代の因縁の相手・薫子。以前対戦した時とはガラリと雰囲気が変わった綾乃をいぶかりつつも、自信満々で綾乃の前に立ちはだかる。挑発してくる薫子に、綾乃はにっこりと微笑んで啖呵を切り返すのだが……。
    インターハイ予選準々決勝。全国出場をかけてなぎさと戦うのは、中学時代のチームメイト・石澤。
    いつにもまして気合の入るなぎさだが、立花は、なぎさが膝に不安を抱えていることを見抜いていた。
    一方、対戦相手の石澤も、なぎさとの試合には特別な想いがあるようで……。
    全日本ジュニア出場時の冷酷さを完全に取り戻す綾乃。「今のなぎさちゃんじゃ、私とは勝負になんないんじゃない?」綾乃の本来の実力を目の当たりにして表情を翳らせるなぎさ。膝への不安も消えず、ついには立花から棄権するよう言い渡される。そんななか、男子のインハイ予選の日がやってきて……

カテゴリー: はねバド! アニメ全話感想

売り上げランキング

おすすめ記事