> > >

【進撃の巨人 Season2】 第35話 感想 ライナー電車でひとっ飛び!

カテゴリー: 進撃の巨人 アニメ感想 投稿日:2017年06月08日

第35話 感想 子供達

日没まであと1時間。調査兵団の精鋭たちがついに巨大樹の森に到達した。目的はあくまで戦闘ではなく、エレンを見つけ出し奪還すること。だが、それでも危険な作戦であることに変わりはない。そんな中で、クリスタだけは絶対に助け出さなければならないと、ユミルの心に焦りが生じていた。ユミルは思い出す。貧民街で暮らしていた幼い頃と、その後の数奇な運命、そしてクリスタとの出会いを――。はたして、ユミルはどう動くのか!?

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:宮地☆昌幸 演出:居村健治
作画監督:千葉崇明、山下恵、荒尾英幸、丸藤広貴、宮崎里美

今回の感想(by 管理人)

ユミルはエレン側の人間かと思っていたけど、
元はと言えばクリスタに執着心があったからで、それ故に今回は心が動いた感じなのか

ユミル自身も昔はあんな変な宗教に巻き込まれるとは…
やっぱり皆辛い思いをしてきてるんだなあ…

まさかクリスタのことを食べるとは思わなかったw
巨人化したユミルが小さいのは分かっていたけど、ライナーの肩に乗るとは何ともシュールw

カテゴリー: 進撃の巨人 アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事