> > >

【ベルセルク】 第23話 感想 狂戦士に飲み込まれる前に

カテゴリー: ベルセルク アニメ感想 投稿日:2017年06月24日

第23話 感想 告げられし兆し

海岸線を旅するガッツ一行。海ではしゃぐイシドロや海鮮料理を振る舞うセルピコなど、それぞれ久々の穏やかな時間を楽しんでいた。しかし裏では連戦の傷がガッツを蝕んでいく…。
 その夜、ガッツとシールケは髑髏の騎士と出会う。相手はガッツに狂戦士の甲冑の来歴、そしてキャスカを復活させる「花吹雪く王」の名を告げる。希望を見出し笑みをこぼすガッツ。そこにクシャーンの魔導生命体が迫る――!

今回の感想(by 管理人)

強敵との決戦からわずかしか経っていないはずなのに
傷の治りが早すぎる…

髑髏の騎士が色々と甲冑について忠告してくれていたけど
案の定その通りになってしまった…

最後は敵と見方の区別がついていなかったけれど、いつかは
味方と敵対してしまうことがあるのだろうか…

次回は最終回だけど、一体どういう纏め方にするんだろう

カテゴリー: ベルセルク アニメ感想

コメント一覧

  • 1. 名無しさん 2017-11-15 14:45:51 返信する

    三期は・・・ない

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事