> > >

【ソード・オラトリア】 第11話 感想 58階層、ドラゴン巣窟へ潜入!

カテゴリー: ダンまち アニメ感想 投稿日:2017年06月25日

第11話 感想 冒険と未知

中層の怪物、ミノタウロスを撃破したレベル1の冒険者ベル・クラネル――駆け出しの少年が見せた、苛烈な『冒険』は【ロキ・ファミリア】の幹部たちにも少なからず影響を及ぼしていた。

尊敬する先達を触発してしまうほどの『偉業』。少年を好敵手としていたレフィーヤの心情は穏やかではない。だが、今はまだ、誰かと比較している場合ではないと、レフィーヤは思い直す。追いつきたい人たちがいる――自分もまた『冒険』の真っ只中であるのだと。

各々の思いを胸に抱きつつ【ロキ・ファミリア】は潜り続ける、レヴィスが示した深層『59階層』を目指して――。

今回の感想(by 管理人)

最強のメンバーで挑んだ50階層。
今までとはレベルが段違いかと思ったら、まさかトラップが
ドラゴンの炎とか異次元すぎる…

他のキャラクターも強力だけど、やっぱりLv6は一歩先を行っているきがする

無事に突破出来たメンバーだけど、ドラゴンよりもラスボスっぽいキャラが…
いかにも強力そうだけど、このメンバーだと負ける気がしないのは何故だろう

次回が最終回だけど、どういう纏め方をするか楽しみ

カテゴリー: ダンまち アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事