> > >

【活撃 刀剣乱舞】 第8話 感想 第一部隊から第二部隊へバトンタッチ!

カテゴリー: 刀剣乱舞 アニメ感想 投稿日:2017年08月20日

第8話 感想 歴史を守る

正体不明の辻斬りを討伐した第一部隊は本丸へ帰還せず、時間遡行軍による襲撃に巻き込まれた人々のために出来ることをしようと京に残る。
それは、任務の中で守れなかった歴史や犠牲になった人々の助けになりたいという、山姥切たちがたどり着いた想いだった。

そのころ、歴史を守ることの意味を考え続けていた和泉守は、主からの命では無く自らの意志で、第二部隊の刀剣男士へ再び共に戦ってほしいと声を掛けていく。
そして審神者から伝えられる新たな任務に、第二部隊は想いを新たに出陣する。

カテゴリー: 刀剣乱舞 アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事