> > >

【B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~】 第6話 感想 B-PROってこんなアニメだったっけ? 新撰組からの悪霊退散!

カテゴリー: B-PROJECT アニメ感想 投稿日:2016年08月14日

第6話 感想 SIX SENSE BLADE

『松蔵健三』が主演の舞台『新撰組アルティメット』に「B-PROJECT」から、金城、音済、釈村が出演することになり、役者全員が集まって開かれるワークショップに向かう。ここで準主役『沖田総司』のキャスティングが決められるのだった。
立ち稽古にて、参加者の一人『若王子竜之介』は、沖田が使っていたと言われる『菊一文字則宗』の鍔を装着した竹光を手にして態度が豹変する。音済はその様子に何かを感じていた。

脚本:伊福部 崇
絵コンテ:大塚隆史
演出:高藤 聡
作画監督:杉本幸子/梅津 茜/鵜池一馬

今回の感想(by 管理人)

新撰組がでてきたので一瞬、刀剣乱舞かと思ったらB-PROだったw

悪霊が具現化していつのまにかバトルものになるあたり
やはり男性アイドルものの脚本はぶっとんでるw

夜叉丸が「斬新ね」と言ってたけど、あれは視聴者の声を代弁してくれたのかw
安定して面白い回が続いているから今後のどういう展開になるのか期待!

カテゴリー: B-PROJECT アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事