> > >

【B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~】 第7話 感想 RPGのように万能薬を探して病を治そう

カテゴリー: B-PROJECT アニメ感想 投稿日:2016年08月21日

第7話 感想 胸のBULLET

情報バラエティ番組『天才ブランチ』のレポーターとして観光地『箱崎』でロケをする北門、増長、愛染、王茶利、野目の5人は海チームと山チームの2つに分かれてそれぞれレポートを行うことになる。海チームの愛染はともに行動をするうちに北門と増長の間にあるわだかまりに気付く。
一方、山チームの王茶利、野目の2人は取材で立ち寄ったとあるお寺で万病に効くと言い伝えられる『醐醍草』が『箱崎』に存在することを知る。

脚本:香村純子
絵コンテ:髙橋英俊
演出:畠山茂樹
作画監督:宇都木 勇/飯飼一幸/池原百合子/飯塚葉子/奥野倫史/武本大介/森 悦史

今回の感想(by 管理人)

ヒカルが病欠キャラだったのは意外だった
元気なイメージだから余計にそう感じたのかも

崖に登ったり遭難したり、アイドルにはサバイバルがつきものなんだろうか

途中で歌を歌いながらもなんとかお互い仲が深まったみたいでよかったw
今回のB-PROから学んだことは不治の病でも治せるということだ

カテゴリー: B-PROJECT アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事