> > >

【D.Gray-man HALLOW】 第10話 感想 元気がない時は食べて食べて食べまくる!

カテゴリー: D.Gray-man HALLOW アニメ感想 投稿日:2016年09月08日

第10話 感想 絶望の罪人

アレンの中に宿る『14番目』の覚醒を見た千年伯爵は「近いうちに迎えにくる」と言葉を残し、ノアたちと共に去っていった。アレンはこの一件で背信行為を問われ幽閉される。完全黙秘を続けるアレンの所に食事を運ぶリンク。その時、『14番目』の覚醒がはじまり苦しみ出すアレン。そこになぜか、枢機卿がやってきて!?
  • 伽羅 2016-09-06 01:38:29

    ゴロゴロゴロ…ペロペロ

  • ぽけぽ 2016-09-06 01:38:46

    芋虫みたいに

  • すてら(公式アカウント) 2016-09-06 01:39:30

    ティムでけえ!

  • 『みんな…一人にしないで…』

  • 『あなた方が計ったサードエクソシスト計画…実によく理解出来ます』

  • ましゅ~ 2016-09-06 01:39:31

    一人にしないで

  • すてら(公式アカウント) 2016-09-06 01:40:12

    沼に沈んだ・・・腐女子だ・・・

  • 『千年公は?』

  • 『さっきまでずーっと泣いてたよ。
    やっぱり14番目に会うのが怖かったんだね』

  • 『14番目の全てが知りたい…あなたが保持するメモリーをシラミつぶしにしてね!』

  • 『フィードラのポアズがそちらのジュニアとチャオジーハンの体内にいることを忘れずに…』

  • 伽羅 2016-09-06 01:45:36

    イケメンのお部屋訪問

  • 伽羅 2016-09-06 01:48:00

    つらそうなラビさんが色っぽい

  • 『食いなさい!!こういう時こそ食って食って食って元気出すのよ!!』

  • ぽけぽ 2016-09-06 01:51:46

    こんな時こそ食って食って食って

  • すてら(公式アカウント) 2016-09-06 01:51:44

    食えるか!

  • 伽羅 2016-09-06 01:52:24

    深夜の飯テロ?

  • 『食べろ!力をつけなきゃ闘えないぞ』

  • 『アレンを科学班に見て欲しいって頼んでるんだよ。
    もしかしたら14番目のメモリーを取り除く方法が見つかるかもしれないってさ』

  • 『おかげで科学班一班は非難の的だけどね…』

  • 『アレンを処刑したりしませんから大丈夫ですよ』

  • すてら(公式アカウント) 2016-09-06 01:52:15

    こ、殺される・・・

  • ぽけぽ 2016-09-06 01:55:06

    戦闘シーンより長い食うシーンのリナリー

  • 伽羅 2016-09-06 01:55:23

    リーバーさんに笑顔で喰えってされたいよね

  • 『ジェリー料理長のお粥です』

  • すてら(公式アカウント) 2016-09-06 01:56:55

    ルヴェリエのクソッタレ

  • 伽羅 2016-09-06 01:58:59

    リンクちゃんツンデレ

  • 『神田やアルマだって…もしかしたら生きて…。
    知らないって怖いことですね…』

  • 伽羅 2016-09-06 01:59:46

    アレンの涙に心配そうなリンクちゃん

  • ぽけぽ 2016-09-06 01:59:45

    14番目のことも何も知らない知れば何かわかるのか

  • 『眠らせるな。眠ったら終わりだ』

  • 『皆アレンを心配しているよ。特にハートのお方がね…』

  • ましゅ~ 2016-09-06 02:00:00

    何だ急に....

  • すてら(公式アカウント) 2016-09-06 02:00:01

    すっげえ黒くなってる。はっきりわかんだね

  • ぽけぽ 2016-09-06 02:01:04

    見張りはいったい何を

  • すてら(公式アカウント) 2016-09-06 02:01:57

    ふらいんぐうぃっち前のエンドライドを見てた人たちしかD.Gray-man見てないんじゃないか疑惑

今回の感想(by 管理人)

いったん帰っていった千年伯爵だけどラビは捕らえられたままだし
ピンチな状況には変わりがない

リナリーの食事シーンだけでも大分救われた気がするw

最後完全にアレンに怪しい人物が近づいていったわけだけど
はたして何が目的なんだろうか

カテゴリー: D.Gray-man HALLOW アニメ感想

コメント一覧

  • 1. 韓国コピー 2017-07-15 22:06:04 返信する

    それから、漫画には映像作品よりも演劇や歌舞伎に近いところがあると考えています。
    例えば『スティーブズ』でもウォズの一人称は「オラ」ですが、少年誌の漫画ではとくにセリフに特徴をもたせることが多いじゃないですか。
    そうです。
    あれをそのまま映像にすると、とくに実写だとスベるんですよ。
    ただ漫画でならそれが許される。
    映画やドラマと違って、こうした演出が過多になってもスベらないというのが漫画の特徴なので、客観的事実は変えないままに、この部分を全面的に伸ばしていくようにしています。

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事