> > >

【私がモテてどうすんだ】 第6話 感想 カップリング戦争はこんなにも恐ろしい

カテゴリー: 私がモテてどうすんだ アニメ感想 投稿日:2016年11月12日

第6話 感想 カップリング戦争勃発!

新しく始まったアニメ『甲冑乱舞』、略して『かちゅ☆らぶ』に大ハマリした花依は、二科と2人で大盛り上がり。
しかし、「殿×朱」と「朱×殿」のどちらのカップリングが良いかで大論争となり、絶交宣言してしまう。
何とか2人を仲直りさせようとする五十嵐、七島、四ノ宮、六見の4人だったが、2人の"逆カプ戦争"はさらにヒートアップして……。

脚本:横手美智子 絵コンテ:山本里織 演出:秦義人 作画監督:川島尚

今回の感想(by 管理人)

甲冑乱舞とかいう刀剣乱舞っぽいタイトルのアニメのカップリング戦争が勃発してしまったw
花依と志麻が喧嘩するなんて、当事者たちにとってはよほど譲れないイベントだったんだろうかw

結局「朱殿」よりも「殿朱」が勝ったわけだけど、最後にはお互いが謝って
ちょうどよい着地点を見つけられたようでよかったw
「リバはどっちでも可」とかいう知識がまた一つ増えてしまったw

カテゴリー: 私がモテてどうすんだ アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事