> > >

【ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校】 第6話 感想 絶望するのはバレーが出来なくなったときだけ

カテゴリー: ハイキュー!! アニメ感想 投稿日:2016年11月13日

第6話 感想 出会いの化学変化

2セット先取され、もう後がない烏野。
しかし日向の守備での活躍もあり、両者激しく競り合う展開に。

追い風は烏野に吹くかと思われたが、影山の動きに陰りが見え始め?

今回の感想(by 管理人)

大地さんたちが後輩だったときの話からスタート
先輩のあの悔しい姿を見たからこそ、今のバレーにかける思いは人一倍強いんだと思う

天童に煽られて、バテバテな状態でも影山は一切弱い部分を見せないし
バレーの情熱と負けず嫌いは人一倍だと改めて実感

烏養おじいちゃんから日向への「ずっとボールを触っていろ」っていうアドバイスは
ホイッスルの風祭を思い出すねw

カテゴリー: ハイキュー!! アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事