> > >

【BanG Dream!】 第11話 感想 みんなで歌えば怖くない!

カテゴリー: BanG Dream! アニメ感想 投稿日:2017年04月10日

第11話 感想 歌えなくなっちゃった

「あんたが一番できていなかった」――そうオーナーに言われ、自信をなくしてしまった香澄は、オーディション中に声が出なくなるという事態に直面する。落ち込む香澄をメンバーたちは気遣って練習を休むように提案するも、遅れを取っている自分へさらに焦りが募る。徐々に迫るオーディション。一丸となって練習をするみんなの熱量とプレッシャーに堪えきれず、香澄は蔵を出ていってしまう――。

脚本:綾奈ゆにこ
演出:大野和寿
作画監督:牛島 勇二、新村 杏子、髙橋 はつみ

今回の感想(by 管理人)

まさか主人公のリハビリが始まるとは…
すぐ治るのかなと思ったら、意外と長い事続いてるし相当重症なのかも

精神的にきてるってことはイップスみたいなものなんだろうか
このアニメはずっと明るいテンションで進んでいくと思っていただけに意外だった

ようやくメンバーに支えられて復活出来そうだけれどもライブハウスのラストチャンスをものに出来るのかな。

物語も終盤に近づいてきただろうし、どういう結末を迎えるのかに注目!

カテゴリー: BanG Dream! アニメ感想

売り上げランキング

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事