> > >

【グランブルーファンタジー】 第2話 感想 旅立ちはいつだって心躍るもの

カテゴリー: グラブル アニメ感想 投稿日:2017年04月11日

第2話 感想 旅立ち

エルステ帝国軍に一度は敗れるも、ルリアの力によりグランは再び立ち上がる。
そして彼はルリアの導きで星晶獣・バハムートを召喚し、帝国軍を退けた。
力を使い果たし、気を失ったグランは、夢の中で幼き日の記憶を回想する。
かつて手にした、彼方にいる父からの手紙――。
「星の島、イスタルシアで待つ」と書かれたその手紙こそが、彼が空の冒険に憧れる理由だった。
その後、無事に目を覚ましたグランに安堵する一行。
しかし、ルリアから告げられたのは、「グランはすでに命を失い、自分と命を繋ぐことで生き長らえている」という衝撃の事実だった。
言葉を失うグランだったが、問題を解決できる可能性としてカタリナが口にした「星の島」の名に、彼の心は躍りだす。

脚本:寺嶋恭平
絵コンテ・演出:倉田綾子
総作画監督:髙田晃
作画監督:野々下いおり・井本由紀

今回の感想(by 管理人)

今回もめちゃくちゃRPGらしい展開で良かった!
無事に離陸して空を見渡すシーンは最高だったね

いきなりバハムートが召還されていたけど、案の定強すぎるw
これからずっとバハムート出せば無双出来るんじゃないかな…

グランも元々冒険に出たかったみたいだし、ルリアと出会ったのは本当に運命だったのかも
グランの友達もなんだかんだ心配してたのが微笑ましいねw

冒険シーンも戦闘シーンも楽しみだし、ストレスなく見られる作品

カテゴリー: グラブル アニメ感想

売り上げランキング

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事