> > >

【月がきれい】 第2話 感想 芋がいなくて力がでない…

カテゴリー: 月がきれい アニメ感想 投稿日:2017年04月16日

第2話 感想 一握の砂

中学最後の運動会。小太郎はくじ運悪く出走した競走で転倒、保健室で茜の親友・千夏の治療を受ける。
千夏の奔放さに気圧されて用具係の仕事に戻ると、最終種目のリレー出走直前だというのに、茜の様子がおかしい。

コンテ・演出:平井義通 総作画監督:桝田邦彰、山崎正和、藤崎賢二 作画監督:田頭沙織、川島尚、小菅洋

今回の感想(by 管理人)

あの紫色の謎の物体は芋だったのか…
それにしても、無事に茜に芋を届けるとは流石主人公といったところだし、
シャドーボクシングしているところなんかも、主人公の喜びが現れていて相変わらず心理描写が上手いなあといった印象

表面上はかばう振りして、女子トイレでは悪態をつくというネタなんかも含んでいるし
やっぱり共感しながら見ている人は多いはずw

ヒロインの茜は人気ありそうだし、無事に主人公は距離を縮めて付き合うことが出来るのだろうか…
小説家としての夢も今後どういう展開になって進んでいくのかにも期待!

カテゴリー: 月がきれい アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事