> > >

【武装少女マキャヴェリズム】 第2話 感想 やつは天下五剣の中でも最弱

第2話 感想 「貞淑寮」騒乱

「矯正」をかけた決闘に勝利した上、不可抗力で輪のくちびるまでも奪ってしまった納村は、学園中の女子から恐怖と敵意を向けられるように。 中でも、輪を慕う後輩の百舌鳥野のの、「天下五剣」に次ぐ実力を自負する蝶華・U・薔薇咲(バラガサキ) は、納村に対する敵対心を熱く燃やしていた。しかし納村は、そんなことはどこ吹く風。 外出許可証を手に入れるため、決闘の日から学校を休んで女子寮で寝込んでいる輪の元を訪ねて行くのだった。

脚本 : 下山健人 絵コンテ : 島津裕行 演出 : 中村近世

今回の感想(by 管理人)

1話と同じく次々と戦って女の子を攻略していく展開にw
1話で倒した輪に関しては、もう主人公にべた惚れだし、ちょろいと言わざるをえないw

最後に判子を押すシーンがあったけど、これで倒していったキャラで
全て制覇する流れなのだろうか

外出許可用が必要とか、監獄学園ほど酷くはないけど、わりと規律を守らないといけない学校なんだね

それにしてもマツコの出番が意外と多くて面白いw

カテゴリー: 武装少女マキャヴェリズム アニメ感想

売り上げランキング

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事