> > >

【サクラクエスト】 第3話 感想 田舎の良いところってなんだろう

カテゴリー: サクラクエスト アニメ感想 投稿日:2017年04月23日

第3話 感想 マンドレイクの叫び

試練に失敗した国王は、半信半疑で1年間国王を頑張ることになりました。今日の仕事は、間野山のぬるキャラ、チュパカブラくんをテレビでアピールすることです。でも国王になったばかりなので、上手に話すことができませんでした。国王は反省しました。そして、町の人たちに色々聞いてみることにしたのです。ぬるキャラ選手権地方大会の当日、チュパカブラくんの頭がありません。色々あって、国王は怒りました。すっきりした国王は改めて4人の仲間と一緒に1年間頑張ると決心したのでした。

脚本:横谷昌宏 コンテ:平牧大輔 演出:本間修 作画監督:市原圭子

今回の感想(by 管理人)

チュパカブラくんの頭がなくなってしまって大慌てだったんだけど
まさか株とミックスさせるとはw
それにしても、あの鎖は一体なんなんだろう…

田舎特有の閉鎖的な空間がよく描かれていた気がするし、こういった町おこしみたいな行事は
中々上手くいかないんだろうなあ

国王もようやく4人で一年間頑張ると決心したみたいだし、今後どういった方法で間野山を活性化していくのか楽しみ
やっぱり段々、SHIROBAKOっぽくなってきた気がするのは気のせいだろうかw

カテゴリー: サクラクエスト アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事