> > >

【Re:CREATORS】 第3話 感想 キャラ設定の改変をしたい

カテゴリー: Re:CREATORS アニメ感想 投稿日:2017年05月01日

第3話 感想 平凡にして非凡なる日常

漫画 “閉鎖区underground -dark night-” の弥勒寺優夜の介入によって窮地を脱したセレジアたち。
軍服の姫君が語る「創造主による物語の改変」に興味を示さない弥勒寺は、セレジアたちの邪魔をするつもりはないと告げると、姿を消す。
その後、松原の家に集まった颯太たちは、 “精霊機想曲フォーゲルシュバリエ” のイラストレーターであるまりねも交え、「セレジアの設定の改変」を試みる。

今回の感想(by 管理人)

弥勒寺優夜がラスボスらしいので、どんな悪党かと思っていたけど
普通に自由なだけの良いキャラで良かったw

セレジアが自分の作品に関してネタバレをされたシーンと、壮大なBGMが流れたけど
結局魔法が発動しなかったシーンが面白かったw

主人公とこれで離ればなれになったわけだけど、また一緒になるときがくるのだろうか?
キャラクターもセレジア側、魔法少女側、とかいくつかの派閥に別れそうな予感

カテゴリー: Re:CREATORS アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事