> > >

【武装少女マキャヴェリズム】 第3話 感想 喧嘩をする時はお腹に月刊誌を

第3話 感想 麗しき刃「亀鶴城メアリ」

女子寮での騒ぎを受けて、輪の管理下に置かれることになった納村。そんな彼を、亀鶴城メアリ―「天下五剣一のぶりっ子」が、次なる「矯正」のターゲットに定めた。納村の処遇を巡って、激突する輪とメアリ。輪にうながされてその場を離れた納村は、追ってきた蝶華をあしらう最中、「女帝」こと天羽斬々と遭遇する。自分の前に学園に転入し、「天下五剣」の輪とメアリを退け、圧倒的な実力を示した少女。その凶悪なたたずまいが、納村の心をざわつかせる。

脚本 : 下山健人 絵コンテ : 渡部高志 演出 : 福多 潤

今回の感想(by 管理人)

まさかお腹に雑誌を仕込むことで危機を回避する展開が見られるとは思わなかったw
今度の天下五剣も無事に攻略?出来たみたいだけど
頭を打っているのか、変なキャラクターしかいないのかなw

このアニメ、敵キャラの技名は多いんだけど主人公は基本的に1つの技しか使えないのだろうか

これで3人を攻略出来たわけだし、後二人となったわけだけど天羽斬々は一度負けているし
一筋縄ではいかないんだろうなあ

カテゴリー: 武装少女マキャヴェリズム アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事