> > >

【進撃の巨人 Season2】 第29話 感想 恋心が人を動かす

カテゴリー: 進撃の巨人 アニメ感想 投稿日:2017年05月04日

第29話 感想 兵士

コニーやライナー、ベルトルトのいる南班、そしてクリスタとユミルがいた西班は暗闇の中で合流し、ウトガルド城という古城跡で共に夜を明かすことになった。だが、見張りが気づいたときには既に城の周りを大勢の巨人が取り囲んでいた。戦闘用の装備を持たない104期生たちは塔の中へ一時避難するが、突破されるのは時間の問題だった。巨人の侵入を防ごうと孤軍奮闘するライナー。彼の脳裏にフラッシュバックする記憶とは……?

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:岩瀧智 演出:江副仁美
作画監督:山下恵、手塚響平、大杉尚広、門倉世央子

今回の感想(by 管理人)

まさかユミルも巨人だったとは…。
ずっとクリスタの側にいたわけだけど、自分が巨人であることの事実に対して
ずっと葛藤してきたんだろうなあ

調査兵団も格好良かったんだけど、いかんせん巨人の数が多過ぎて最後はなす術がなかった感じ…
やっぱり食べられるシーンは何度見ても胸にくるものがある

猿の巨人もいることもあり、圧倒的に形成は不利なわけなんだけど、ここから逆転出来るのだろうか。
クリスタは相変わらずめちゃくちゃ可愛くて、ライナーの「結婚しよう…」は面白かったw

カテゴリー: 進撃の巨人 アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事