> > >

【サクラクエスト】 第4話 感想 伝統とITの融合とはいかに

カテゴリー: サクラクエスト アニメ感想 投稿日:2017年05月05日

第4話 感想 孤高のアルケミスト

仲間になったIT大臣が国王と同じ家に住むことになりました。みんなで引っ越しの手伝いをしている時、とても素晴らしい欄間を見た国王は、彫刻を王国の繁栄に活かせないかと言い出しました。IT大臣が最先端の技術と伝統工芸を融合する案を思いつきました。でも、やってみたら伝統を馬鹿にしてるのかと、色んな人に怒られました。IT大臣は謝りに行きますが、都会から逃げてきたことを指摘され、図星だなと思い、中途半端にかかわるのは駄目だなとも思い、落ち込み、やめてしまいました。国王は悲しみました。
脚本:横谷昌宏 コンテ:倉川英揚 演出:橋本千絵 作画監督:日下部智津子

今回の感想(by 管理人)

今回もわりと重めのテーマだった
伝統の技や文化が失われて行く中で、国王やIT大臣がなんとかこの状況を打破しようと頑張るわけだけど
ITとの融合はやっぱり一筋縄ではいかなかったか…

途中で少子高齢化だったり現代の日本が抱えている問題にも焦点をあてているのが
やたら現実的で考えさせられる

途中発明家のおじいさんが出てきたけれど、あの発明品を単純に売るだけでも
相当なアピールになるんじゃないだろうかw

カテゴリー: サクラクエスト アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事