> > >

【武装少女マキャヴェリズム】 第5話 感想 正しい熊の倒し方

第5話 感想 愛狂しき刃「花酒蕨」

納村の奮闘により、ワラビンピックはあっけなく終了した。だがしかし、それで蕨が簡単に引き下がるわけもない。勝利に対する褒美である外出許可証への判子の授与式という建前で、納村を罠に満ちた校舎の中へと誘い込む。立ち塞がる精鋭「WRB34(ワーラービー サーティーフォー)」。輪、メアリ、のの、蝶華の力を借りながら、納村は前へと進む。その道行きで、納村の前に不気味な少女が姿を見せる。天下五剣がひとり、その名は眠目さとり。

脚本 : 山下憲一 絵コンテ : 澤井幸次 演出 : 立仙裕俊

今回の感想(by 管理人)

2chでよくみるような熊の倒し方や
嘘を嘘と見抜けない人には…など、こんなパロディ満載だとは思わなかったw

今までの相手より手強い感じがしたけど、他のメンバーの力も借りながら
なんとか勝つことが出来たって感じがする

途中で眠目さとりが出てきたけど、何考えているのか分からなくて不気味だし
相当な強キャラなんだろうなあ
感情が欠落しているってことはるろ剣でいう宗次郎みたいな感じなのだろうか

カテゴリー: 武装少女マキャヴェリズム アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事