> > >

【月がきれい】 第6話 感想 こうしてラノベ作家が生まれる

カテゴリー: 月がきれい アニメ感想 投稿日:2017年05月20日

第6話 感想 走れメロス

「私、安曇くんのこと好きになっちゃったみたい」親友である千夏からのメッセージに、部活の大会を目前に控え茜は気もそぞろ。そんなこととは知らない小太郎のもとには、出版社から連絡があり、会いに行くことに。

コンテ:及川啓、岩崎光洋 演出:中田誠 総作画監督:森田和明、桝田邦彰、山崎正和 作画監督:清水直樹、北村友幸、袴田裕二、川島尚

今回の感想(by 管理人)

親友の千夏から安曇のことが好きだと打ち明けられてしまってどうなるかと思ったら
付き合っていることは既に知っていたのね。

しかしその上で告白したいっていうのは穏やかな展開じゃなくてドキドキする

一方の安曇も出版社から呼ばれて吉報かと思ったら、めちゃくちゃなこと言われていて酷かったw
もしかしてこうやってラノベ作家が生まれているんだろうか…

あと、お母さんはもう少し息子に寛容になっても良い気がする

カテゴリー: 月がきれい アニメ感想

売り上げランキング

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事