> > >

【アリスと蔵六】 第7話 感想 もしゃもしゃの正体とは

カテゴリー: アリスと蔵六 アニメ感想 投稿日:2017年05月25日

第7話 感想 ともだち

打ち合わせで出かける蔵六に連れられ、紗名は横浜まで足を延ばすことに。
お目付役の一条とともに、海を目にして感動したり、はたまたロボット工場の見学に赴いたり。
初めての遠出を思う存分、楽しむのだった。
打ち合わせを終えた蔵六と合流し、中華街へと繰り出した一同だが、その前に現れたのはなんと、研究所の事件のあと、姿を消していたあさひとよなが。
思わず逃げ出したふたりを、紗名と一条は追うのだが……。

今回の感想(by 管理人)

だんだん紗名が良い意味で人間らしくなってきた回

もしゃもしゃっていう表現がなんとも紗名らしくて可愛らしいw
あさひとよなも久しぶりに登場したけど、この子達も
根っこは全然悪い子じゃなくて良かった

相変わらず一条さんが有能過ぎて、紗名達が無茶をしても安心してみてられるw

あと、意外に紗名ちゃん数学が得意だったのね…

カテゴリー: アリスと蔵六 アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事