> > >

【サクラクエスト】 第7話 感想 それぞれの過去にさようなら

カテゴリー: サクラクエスト アニメ感想 投稿日:2017年05月27日

第7話 感想 煉獄の館

映画の撮影はトラブルが続きます。綱渡りながらも国王たちは乗り越えていきます。そんな中、撮影に使う空家の持ち主となかなか連絡取れません。国王が持ち主に電話をしてみると、OKの返事はしていると言われました。連絡を任せていた仲間は嘘をついていたのです。でもその家は、仲間にとって思い出がたくさん詰まった大事な家でした。そのことで国王は、仲間とケンカをしてしまいました。そしてガテン大臣は燃えている家に飛び込んだのです。でも、夏の虫ではありません。スッキリしたそうです。国王の粋なはからいもあり、みんな仲良くなりました。

脚本:入江信吾 コンテ:倉川英揚 演出:倉川英揚 作画監督:鍋田香代子

今回の感想(by 管理人)

一人一人が過去との思い出に向き合った真面目なお話

ガテン大臣も国王に素直に感謝を伝えられるぐらいには丸くなったみたいだし
当初に比べたら大分5人の仲が良くなってきている気がする

「好きなだけじゃそのうち行き詰まるんだぞ」というセリフが現実味を帯びていて良いね

今回はスナフキン出てこなかったけど次回は出番あるんだろうか

カテゴリー: サクラクエスト アニメ感想

売り上げランキング

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事