> > >

【ソード・オラトリア】 第7話 感想 呪われた冒険者が仲間になった

カテゴリー: ダンまち アニメ感想 投稿日:2017年05月28日

第7話 感想 依頼と分断

レベル6にステイタスを昇華させたアイズの元に『依頼(クエスト)』が舞い込む――24階層で生じた怪物(モンスター)の大量発生、この原因を調査し解決せよ、と。

胎児の宝玉や赤髪の【調教師】との関連を匂わされ、アイズは漆黒のローブを纏う謎の人物から依頼を受諾。

アイズが厄介事に巻き込まれたと知ったロキは、レフィーヤとベートに追跡を命じる。更に【ディオニュソス・ファミリア】のフィルヴィスも加わり臨時パーティが結成される。

だが険悪な空気を漂わせるベートとフィルヴィス。レフィーヤはどうにか執り成そうとするが――。

今回の感想(by 管理人)

突然の依頼を遂行することになったアイズ
今まで強かったのが、更に強力になって、あの数のモンスターを一人で
無双するとかもう他のメンバーいらないんじゃないかな…w
因縁の相手と再び対峙したけど、前よりはパワーアップしているので、今度は勝てるはず!

一方でレフィーヤは心休まらない展開にw
新しくパーティに加わったエルフのことを「呪われた冒険者」って言っていたけど
過去になにかあったんだろうか

強いことは間違いないので、敵側につかないか心配

カテゴリー: ダンまち アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事