> > >

【アリスと蔵六】 第8話 感想 時を止める少女

カテゴリー: アリスと蔵六 アニメ感想 投稿日:2017年05月31日

第8話 感想 悪い魔女

どこにでもいそうな、ごく普通の小学生の女の子・敷島羽鳥。
彼女はある日、“アリスの夢”の力を発現させた。
自分の進学が原因で仲違いするようになった、両親の姿に心を傷め、神様に「優しくて仲良しのパパとママに戻りますように」と祈る羽鳥。
その祈りは、思いも寄らぬ形で成就するのだった。
一方、いつものように樫村生花でお手伝いをする紗名。
彼女はあさひとよながが、事務所を訪ねてやってくるのを楽しみに待っていたのだが……。

今回の感想(by 管理人)

やっと明るい雰囲気になったと思ったら…
いつもと少し毛色が違った今回の話は子供の純粋な部分がありつつも
怖い世界になってしまったね

紗名もまだ能力だったり、状況を飲み込むのには幼いから
ああやって感情が爆発してしまうんだろうなあ

紗名以外にも一条さんだったり他の能力者には効かないのだろうか?

今回のヒロイン、敷島羽鳥ちゃんにも幸せになってほしいところ…

カテゴリー: アリスと蔵六 アニメ感想

コメント一覧

名前

コメント

関連記事

「アニメ感想」の新着記事

おすすめ記事